クレジットカードの使い方

クレジット契約とは

クレジット契約というのは、分割払いの一種です。

 

クレジット契約とは、高価な電化製品を買いたいけれど、今持っているお金が足りないという時に販売店で契約ができるというものです。

 

その販売店が提携をしている信販会社が、クレジット契約を結びます。
クレジット契約の申し込みがあると、信販会社側は信用能力を審査し、OKならば商品代品を代理で払います。

 

この時点で、申込者は購入した冷蔵庫の代金を、販売店ではなくてクレジット会社に返していくという形になるわけです。

 

クレジット契約には翌月一括払い、分割払い、リボ払いなどがあるので、消費者の希望によって支払い方法を選ぶことができます。

 

クレジット契約には2種類あります。事前に審査を受け、返済条件や貸し付け上限金額を決めておいてクレジットカードをつくっておくのが包括クレジットです。一方、商品を購入する度に信販会社から審査をしてもらい、支払いをしてもらうものを個別クレジットといいます。

 

クレジット契約を利用することで、今はお金がなくて欲しいものが買えないという時でも、後日の支払いを約束することで購入ができますので、買い物の幅がぐっと広がります。返済総額が計算しづらかったり、金利が込みいっていることもありますので要注意です。クレジット契約をする際は、事前に確認するようにしましょう。

 

キャッシングの審査に詳しいサイト キャッシング審査ガイド